営業をするタイミングを掴んでいますか?

営業に出かけて商談テーブルに着くと、ついつい・・。

よし、いけるぞ!

さて、今回は「営業のタイミングをつかむ」で書いてみます。

営業にお訪れると(特に新規開拓の場合)どうしても気が焦り、話を進めようと

してしまいます。

私もよくそういう事をしていた記憶があります。

商談テーブルにつくだけで勘違いして、「よし、行けるぞ~」となり営業マン主体の場に

なっています。

しかし、まだまだ「お客さん主導」の考えでなければいけません。

勘違いすると怖いもので、ペラペラ喋ってしまいます。

営業マンの大きな勘違い

そこでクロージングまでしてしまい、結果はNG・・・・・・・。

疲れるどころか、かなり凹んでしまいますよね。

勝手に自分が勘違いをしておきながら・・・・・・。

でもね、お客さんの購入(契約)行動にもタイミングがあるのです。

商談の場(応接室など)に入室できただけでは、まだ契約する意思はないと考えなければ

いけません。

そうでなければ相手の話を聞く余裕さえなくなってしまうのです。

そうなれば完全に無理ぽっくなりますよね。

営業する前に信頼関係構築が必要

それはなぜか?

お客さんは「営業マンの姿勢をみているのです。」

「この営業マンと付き合って(契約)してもいいものか?」とチェックされてると

いってもいいでしょう。

本当の契約タイミングであれば、きっと先方から話を切り出します。
(時には意地悪な人もいますが)

焦らず「聴く」に徹していくのが、ポイントではないでしょうか?

成績を上げる(会社の業績アップに繋げる)のが営業の仕事ですが、

その前に信頼関係を築く事が最大の評価になりますよね。

営業マンは一発屋ではないのですから。(これは私の考えです)

営業のタイミングをしっかりと掴むことが成約への大きな一歩となると考えます。

今後また営業について記していきたいと思います。

今回もお読みいただきありがとうございました。

よろしければ、下のフォームからメルマガ登録いただけると嬉しいです。

宜しくお願いいたします。

メルマガのご案内

経営者としての日常を、時には世相に対しても、ボヤいとります。

私は営業畑出身で、現在、経営者をしております。

ボヤキながらも、色んな目線で、多くの経営者等々と共感できる内容をこのメルマガでお伝えしています。

下記よりどうぞメルマガをご登録ください。