営業職は自己成長を加速させる

聞くところによると、営業職はあまり人気がないそうです。
私は営業職を、自己成長には もってこい の職だと今でも思います。

営業ノルマは悪か?

営業ノルマと聞くと「うわ~大変だ」と思う人が大半でしょうね?
事実、私もそうでした。
でもね、ノルマがあるから企業は存続できるわけで、それがなければ売上げが伸びず
業績悪化につながるのですよね。
そのノルマどう考えればいいのでしょか?

自分を成長させる営業ノルマ

意地悪な上司や会社もあるという事は別として、ノルマというものは、
自己成長に繋げられる「素材」であることです。
私は営業畑で育ったので、簡単に表現するようになっていますが、
実際は、「自分への挑戦」でした。
これ(ノルマ)への挑戦が(半ば嫌々でしたが)あったからこそ、
今の私があるといっても過言ではないと思います。

お客様から学べる

私の場合は、「落ちこぼれ営業マン」の類でしたが、トップ営業マンになれました。
これは、もちろん先述したように自分への「挑戦」も、やってきましたが、
一番大きな要因は「お客様に育ててもらった」これに尽きます。
一言で済ませられる事ではありませんが、お付き合いくださったお客様には、
本当に今でも感謝しています。

営業マンは社長の名代

先程、 「お客様に育ててもらった」 と記しましたが、簡単なことではありません。
私は殆ど「叱られて」いましたからね。
しかし、感謝しなければならないのは、社長の代わりに叱ってくれた事です。
営業マンは社長の名代です。つまり社長の代わりにお客様に接しているわけです。
言い換えれば社長に近い職種の一つは「営業職」なのです。
そのところは、中々理解されていないのも時代は変わっても同じです。

その辺りも今後記していきたいと思います。

今回もお読みいただきありがとうございました。

メルマガのご案内

経営者としての日常を、時には世相に対しても、ボヤいとります。

私は営業畑出身で、現在、経営者をしております。

ボヤキながらも、色んな目線で、多くの経営者等々と共感できる内容をこのメルマガでお伝えしています。

下記よりどうぞメルマガをご登録ください。