こんにちは。

キャリアコンサルタントの高木です。

一気に気温が上がり、今日は真夏日予報。

熱中症対策もしっかりとしなければいけません。

さて、前回のブログ(いつのこっちゃ?)

求人応募者が来た!やれやれホッ、の大間違い

でお伝えした通り、弊社はこの方法で求人を充足させました。

有難い事にこの方法のお問い合わせも頂きましたが、こればかりは結果が直ぐに出るものではありません。

とは云え、直ぐに反映される企業もあります。

しかし、経営者は「即結果がほしい」になるわけです。私も経営者の端くれなので気持ちはわかります(キッパリ

ですので、すぐに結果が出るようにお手伝いをするわけです。

しかし経営者の本音としては、「予算をあまりかけたくない」です。ここ痛いほどわかります。

正確には「予算をかけたくても かけられない」が事実なのですよね。

そう考えて低予算で求人方法を見つけるのです。この方法を提案できてこそコンサルタントの力ですよね。

そこを触れずして何が何でも「求人広告方法」推進される方々がいるのです(-_-;)

手前味噌で恐縮ですが、私は応募者を増やし自社にマッチングさせ 社員が辞めない仕組みをつくる事ができます。

て、記すと「いくらかかりますか?」という問い合わせが多いです(笑)

一概にはお答えできません(笑)

先述した「予算をかけたくても かけられない」

この気持ちに寄り添えば・・・・・・。キャリアコンサルタント(カウンセラー)の専門領域ですよね。

このところを考えれば色んな展開ができてきますよ。

でも、求人広告を勧めることもあります(どないやねん(^^ゞ

増員なのか、辞めた後の欠員なのか?この見極めをしっかりやらなければいけませんね。

また追々記していきます。

「私、経営者の味方です」

ではまた・・。